2014年11月05日

クリス・ワイツ(Chris Weitz)

クリス・ワイツ.jpg

クリス・ワイツ(Chris Weitz,1969~,アメリカ人映画監督・脚本家・俳優) クリス単独監督作品「ライラの冒険 黄金の羅針盤」が最も有名な彼の作品ですが、ヒュー・グラント主演映画「アバウト・ア・ボーイ」が最も好きです。製作に携わった映画「シングルマン」、観てはいませんが、1962年のキューバ危機下でのロサンゼルス、同性愛をテーマに描かれている様で興味津々です。キューバ映画で思い出すのは、共産主義者の男性と自由主義者のゲイ男性との友情を描いた「苺とチョコレート」が印象に残ります。劇中の台詞にゲイの男性が「この手にスコップを握れと言うの?」と、か弱い手を差し出したシーンや、互いのアイスクリームを交換して食べるシーンが良かったです!
posted by 暗室男 at 18:53| サイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする