2014年06月07日

善養寺ススム(Susumu Zenyoji)

善養寺ススム.jpg

善養寺ススム(Susumu Zenyoji,日本研究・イラストレーター・絵本作家) ご自身も髷を結った姿で現れ、江戸文化に精通した善養寺さんから教えて頂いた「ちょんまげ」の意味。江戸時代も仕事を求めて大都市に集まる肉体労働者達は日々の疲れを公衆浴場で癒すのが日課、洗髪後髪を乾かすのが大変なので、髪の一部だけを伸ばして髷を結う姿をちょんまげと呼んでいたとか。私の禿頭を見て「カメラマンさんはちょうど、月代部分が薄いので髷が似合いますよ!」と、嬉しいのか悲しいのか判断の付かない助言を頂きました。誰かに「行きたい場所は何処?ですか??」と聞かれたなら、江戸時代かエコールド・パリ時代の時空と答えますね。
posted by 暗室男 at 18:46| サイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする