2013年06月08日

作製中からの脱却

naka289.jpg

naka374.jpg

naka459-Edit.jpg

naka519.jpg

naka568.jpg

naka764.jpg

naka860.jpg

naka879.jpg

昨年10月に逃げ出したスタジオフルリ、大好きな写真も嫌いに成るまで追い込まれていた自分、単に換金だけの世界では息もつけない自分、頭ごなしにスタッフを縛り付ける代表者様。全てのキャリアを注いでのフルリ製作でしたが、単に人をお金で利用するだけの関係では、スタッフ一同定着しないのが当たり前、そんなビジネス環境に追われた私は、いかに写真を辞めるかを煩悶する日々、こんな環境だったら深夜バイト(松屋にて10ヶ月人生初の深夜バイトをしましたが、ここでの環境の方が人間味があり楽しかったです。2015/5記)でもして生活を支えた方がまし!そこまで人を追い込める代表者様にお会い出来たのも人生の勉強ですかね?そして半年間の苦痛と人間不信の自分にも、春の温もりと共に微かな光が届きました。皮肉にもフルリが昨年3月にテレビ取材を受けた同じ番組の、3番目に紹介された藤代工房(http://www.fujishiro-koubou.com/)さんに拾って頂けそうです。今迄スタジオフルリしか知らない私は未知なる驚きを知る。何故なら藤代工房さんはオーナーを初め、全てのスタッフのプロ意識が高く、単なる記念撮影の枠を超えた作品作り、フルリで重視されたカット数(撮影枚数が多いほど作業的感覚)よりクオリティー(一枚に魂を込める)重視の撮影ポリシー、見学してた私が恥ずかしくなる程の写真クォリティー、特に着物類は全て手作りの逸品もの、今迄の吊るし商品とは比べ物に成らない高級感が漂いました。オープンしてからスタッフの入れ替えも無い充実した環境&アットホームな感じに心撃たれ、会社勤め経験の少ない私でさえも、「是非ここで働かせ下さい」とお願いした次第でした。そして、オーナーさまの計らいにて、写真のようなVOQUE(私の撮影)の撮影メニューを検討して頂ける運びと成りました。子供の撮影だけでなく、大人の着物撮影もありますので是非とも元気になった、自由気ままな今迄のサインコレクターに会いに来て下さい。詳細が決まりましたら再度アップ致します。
posted by 暗室男 at 16:38| スタジオ作製中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする